catch-img

産後うつを抜け出した。私が笑顔を取り戻すまで。

ストレスから産後うつ、パパの協力は望めない、どうする?!

 

赤ちゃんができたら、幸せな毎日が始まると思っていました。しかし、幸せを感じるどころか、鬱一直線でした。なぜか、涙が出る。そんな経験ありませんか?私自身も産後うつを経験しました。私が実践した産後うつからの回復法をお伝えします。

 

夫の元に戻った日から、産後うつが始まった

里帰り出産をし、赤ちゃんとの生活は幸せに包まれていました。実家では、家族が家事を全て行ってくれ、昼間は赤ちゃんのお世話までしてくれるという万全の体制でした。そんな幸せな環境で過ごしていた私は、夫の元に戻った日から育児の大変さを思い知らされました。赤ちゃんのお世話は、24時間体制です。ミルク、おむつ替え、泣いたら抱っこの繰り返しでした。赤ちゃんが泣く度に「いつまで泣くの?いつ寝てくれるの?」と、終わりの見えないお世話に、自分も一緒に泣きながら赤ちゃんをあやしていました。また、夫は仕事が忙しく、子供の世話を手伝ってくれない事に、不満が募りました。夫だって仕事が忙しいから時間が取れないことも、本当は私を心配してくれていることも、頭では解るのです。でも、近所に友人はおろか知り合いもおらず、夫以外に誰も話し相手がいない私は、自分を責めるしかありませんでした。「私が、ダメなんだ。」と負のスパイラルに陥りました。そんなある日、テレビで産後うつの特集をしていました。テレビで言われるママの状態に自分が重なりました。そこで始めて「私、産後うつなんだ。」と気が付きました。

 

まずは行動あるのみ!ママ友を作ってみましょう

 

 

テレビ番組で「ママ友を作って悩みを共有しよう。」と報道していました。「本当にそんな事で、この大変さは解決するわけがない!」と思う反面「この辛さから抜け出したい」と藁をもつかむ思いで、ママ友が作れる場所を探しました。まずは、保健所から貰った資料の中に、「赤ちゃんの集まり」と言うママサークルのチラシがあったのを思い出し、早速電話をし、予約しました。当時住んでいた市が主催していたので安心して行けると思い、ここに決めました。そこでは、1歳未満の第一子とママのみが集まり、ただ話すだけのサークルでした。初めて行った日は、楽しそうに話している少し先輩ママさん達に疎外感すら感じていました。それでも、居心地の悪さを感じながらも通っていると、同じような月齢のママとは不思議と話るようになりました。「お子さん、何か月ですか?」「うちは○か月です。近いですね。」と話すだけで、会話のキャッチボールが嘘のように進んでいきました。顔見知りができれば、占めてものです。ママサークルに行くのも楽しくなり、そのうち気の合うママ友もできてきました。

 

不安でも信じてください。産後うつには終わりがあります

産後うつには終わりがあります。サークルに電話をした時は、この状況から抜け出したい一心でした。電話をしたまでは良かったのですが、行く前は、本当に鬱でした。「赤ちゃんが、泣いて喚いたらどうしよう。」とマイナスの事ばかり考えていました。初めてサークルに参加した日の居場所が無く不安な気持ちは、今でも忘れられません。そんな気持ちで参加したのに、大きな収穫がありました。それは、「赤ちゃんは皆、泣いている。」という事でした。ママ達が話す中、赤ちゃんたちは、負けじと泣くのです。それをあやしながら、話すママ、一旦話の輪を離脱し、落ち着いてから参加するママと対応はそれぞれですが、子供は、自由に奇声を挙げるか泣くか寝るかしていました。それを見て、うちだけじゃないのだと、安心したのを覚えています。何回か居心地の悪さを感じながらも通い続けると、顔見知りのママができ、話ができるようになり、児童館等でも顔を合わすようになりました。いつしか、気の合うママとランチまで行くようになり、気が付けば、子供を抱きながら泣くことは無くなっていました。

 

「育児が辛い!」は、周囲の人に共感してもらって

赤ちゃんの育児の辛さを一人で抱え込まないでください。私自身、ママサークルや児童館でママ友を作ってたくさんの悩みを相談してきましたが、いつも、誰かは、「解る!うちもだよ。」と共感してくれました。その度に、「うちだけじゃないのだ。」と安心できました。孤立し、一人育児をすると、悩んだ時にマイナスのスパイラルにはまってしまいます。ママ友を作る最初の一歩は本当に大変だと思います。でも、後々、ママ友たちは沢山の情報をくれます。どこの病院が良いとか、予防接種のスケージュールはどう進めるとか、お勧めの遊ぶ場所等の地元密着情報は、本当に重要です。そして、少し落ち着いたら、旦那さんにも育児の大変さを伝えてみて下さい。感情的になっているうちに伝えると、よほど心の広い旦那さん以外は、反発するか、だんまりになってしまい聞いてくれません。上手く説明なんてできなくても良いのです。自分の大変さを知ってもらい、共感してもらいましょう。全く育児に協力的では無かった夫は、現在、休日だけですが、洗濯や掃除をしてくれるようになりました。

産後うつ、笑顔でサヨナラ、卒業しましょう。

 

私が、産後うつを抜け出すきっかけをくれたママサークルで言われて目から鱗だった言葉は、「家事なんてしなくていいよ。ご飯も買えばいい。ママが笑顔でいることの方が、赤ちゃんが幸せで落ち着けるよ。」でした。産後うつで悩んでいる皆さんは、きっと頑張りすぎている人なのです。家事が手抜きだって大丈夫です。それよりも、ママの心身の健康が第一です。時には旦那さんに甘えて、1時間だけでも育児をお休みさせてもらってはいかがでしょう。お昼寝するのも良し、お買い物を一人でするのも良し、そうすると、心が少し軽くなります。一人で育児を頑張らないでください。気の合うママ友を作り、話をたくさん聞き、聞いてもらいましょう。そして、たくさん共感してもらい、「赤ちゃんの育児が大変なの!」って声を大にしていいましょう。産後うつも気が付けば卒業できています。近い将来、「何であんなに悩んでたのかな。」なんて懐かしく思える日も来ます。無理だけはしないで、一緒に笑顔で育児をしましょう。笑う門には福が来ますよ。

 

asari

asari

夫(30代)妻(私30代)息子(5歳年中、3歳年少) 会社員夫と専業主婦の妻。幼稚園に通う年子の息子達と毎日幼稚園後に公園で遊んでいます。怒る日もありますが笑顔で子育を心がけています。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード