catch-img

ペントミノ(知育玩具パズル)で子供と遊びながら育脳

皆さんは「育脳」という言葉を聞いたことはありますか?

脳の神経細胞の生成のピークは3歳までが勝負だといわれていますが、その後も脳は成長していきます。

そのために五感をフルに使って手や足を使う刺激が大切なのです。

また昨今では文部科学省が「思考・表現力」を重視し教科書も変化しています。

「子供により良い教育をと思っているけど、あまりに”教育ママ”なのも子供が圧迫されてかわいそうかな」、と気が引けてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では私が以前勤務していた塾でも使用していた知育玩具「ペントミノ」について紹介します。

 

ペントミノでは子供も遊びながら学ぶことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペントミノとは何か?

 



脳トレパズル「ペントミノ」

 

(Amazonへリンクします)

 

「ペントミノ」とは「ポリオミノ」の一種で一つのパズルが正方形5つをつなげたものからできています。

ポリオミノとは複数の正方形を辺でつなげた多角形のことを指します。

 

お母さん世代では昔流行った「テトリス」のようなものだと思うとわかりやすいかもしれません。

テトリスは正方形4つでできているテトロミノというものです。

 

ペントミノは12片全て使って長方形を作ったものが一般的です。

特徴は何といっても何通りもある解の多さです。

 

12片を全て使って作ることができる3x20、4x15、5x12、 6x10 の各長方形に対して、

3×20→2通り

4×15→368通り

5×12→1010通り

6×10→2339通り

の解があります。

 

毎日遊んでも、兄弟で一緒に遊んでも同じ解がでるということはなく、繰り返し遊べることが最大の魅力です。

また、遊びの対象は3歳~99歳というのが特徴です。

子供だけでなく、お年寄りの認知症予防としても注目されています。

 

ペントミノはなぜ育脳に役立つのか


育脳・脳トレパズル「ペントミノ」

ペントミノはとにかくたくさん手を使って試行錯誤します。

パズルを回転させてみたり、違うものを使用してみたり、一度並べたものを外してみたり。

トライ&エラーを繰り返してどのようにすればクリアできるかを考える能力が自然と学びながら身に着けることができます。

具体物を使った経験は抽象的学習になった際にイメージががぜんわきやすくなります

小学校高学年で図形につまずくお子さんはとても多いです。

そうならないためにも、小さなころからの具体物を使用した遊びからの学びが大切になってきます。

 

ペントミノの遊び方

本文③

ではペントミノはどのような遊び方があるのでしょうか。

ここでは2つ紹介していきます。

 

■1人で遊ぶ場合

・年齢に応じて難易度を選択

・6×10のものだと2339通りある

→家族でやる、自分が以前作ったものを写真に撮る

 

■対戦ゲーム

1.ペントミノのピースをすべてだす

2.じゃんけんをする

3.勝った方からピースをはめる

4.はめられなくなったら負け

 

ペントミノの遊び方はシンプルですが、頭を使うパズルですので子供の考える力も付き育脳にもつながるのです。

 

 ペントミノを育脳に活かすポイント

・年齢に応じて難易度を選択する

・回転させたり、裏返したりしてたくさん手を動かしながら思考錯誤してやってみる

 

遊びながら学べる育脳パズル ペントミノ

育脳・脳トレパズル「ペントミノ」

ペントミノは育脳パズルですが子供も楽しみながら学ぶことのできる知育玩具です。

私が勤めていた塾で採用していたのは小2の夏休みですが子供達はこの時間が大好き。

勉強で疲れた顔もぱっと晴れるほどみんないきいきと取り組んでいました。

試行錯誤する能力は子供達の生きる力に必要不可欠です。

ぜひ遊びながら育脳できるペントミノ、対象年齢も幅広くお子さんも楽しくできますのでご家族でやってみてくださいね。

nammmy

nammmy

大学で児童学を専攻、新卒で低学年専門教諭として塾に勤務。結婚を機に幼稚園教諭に転職。 今は1児の男の子ママとして育児に奮闘中♪

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード