catch-img

ボーネルンド・キドキドは育脳玩具の宝庫!

子育てをしているとたくさんの知育玩具を扱っている「ボーネルンド」という会社の名前を聞くことが多々あると思います。

 

中でもボーネルンドが運営している遊び場「キドキド(KID-O-KID)」は子育て世帯に大人気。

我が家の1歳の息子も大好きです。


知育玩具がたくさんあって、雨の日でも遊びながら様々な経験ができる、キドキドのおすすめ知育玩具について紹介します。さらに、キドキドの遊具がどのように「育脳」に役立つのかを解説します。プレゼントとしても人気のものもあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

キドキド(KID-O-KID)育脳遊具その①「マグフォーマー」

 



BorneLund(ボーネルンド) マグフォーマー ベーシックセット 30ピース【MF701005】

(Amazonへリンクします)

 

■遊具の遊び方

幾何学図形を組み合わせて形をつくることができます。平面も立体もつくることができ、お城やハートなどの立体が作れます。

パーツを買い足せば車やメリーゴーランドなどの子供がすきなものも作ることができます。

対象年齢は3歳からと書いてありますが我が家の1歳の息子も磁石が偶然くっついてできた形や壊すことを楽しんでいるので、1歳~小学校高学年まで長く遊べそうです。

 

■育脳ポイント

立体視、空間認識能力は子供の頃の経験が鍵です。実際に小学校受験で出題されることがあります。

このような問題をパズルを使って幼稚園時代に経験している子供達は図形問題が大得意です。

「マグフォーマー」なら高学年のつまずきポイントである立体を楽しみながら学ぶことができます。

三角、四角、五画や二等辺三角形などの形があるため、遊びながら自然と形の特性が身に付きます。

 

キドキド(KID-O-KID)育脳遊具その②「カラフルギア」

 



【知育玩具 歯車】 カラフルギアブロック ビギナーズセット

(Amazonへリンクします)

 

■遊具の遊び方

ギアを組み合わせることによって、うまく組むと一つのギアを回すだけですべてのギアがまわります。

キドキドでは壁面に設置されています。ベルが設置されていて、うまくギアをつなげると鳴るような仕組みになっています。

こちらも購入が可能です。

 

■育脳ポイント

昨今では若者の理科離れが深刻です。

小学校の先生の中でも理科を苦手意識する方がいるほどです。

とりわけ物理分野が苦手な子が多いと言われています。

 

「カラフルギア」は遊びに無理なく物理の学びを取り入れることができるので、今後の学習に役立ちます。

また、ギアの大きさが違うため半径の長さの工夫が必要になってきます。手をたくさん動かして思考する思考力の練習になるのがポイントです。

 

キドキド(KID-O-KID)育脳遊具その③「イマジネーションプレイグラウンド」

■遊具の遊び方

穴が開いた形や棒、迷路のようになっているやわらかいブロックです。

いわゆる大型ブロックですがやわらかく曲がるのが最大の特徴です。

 

■育脳ポイント

いろいろな形があり、やわらかいので子供達が自由に想像して物づくりができます。

大人のこのように遊ばなければならないという考えを押し付けず、子供達の想像力に任せるととてもおもしろいものができあがるのが魅力です。

またキドキドで異年齢の子と一緒に作ると自分にはないアイディアが出ます。

初めて会う子達と協力することで自分にはない発想との出会いにつながりますので、ぜひキドキドに訪れた際はお子さんに挑戦させてあげてください。

 

遊具を育脳に活かすポイント

  • 手や足をたくさん動かしながら考える
  • 子供に自由にやらせてあげる
  • 異年齢や初めて会った子とも遊ぶと刺激になる


 

ボーネルンドキドキドは遊びと学びの宝庫


ボーネルンド社が運営するキドキドは施設によっても内装が違います。

私は息子が生まれてから父と母とも遊びに行きましたが、大人も入れるボールプールがあり「おじいちゃん」「おばあちゃん」も大喜び。

子供の育脳だけでなく、祖父母も楽しめるとてもおすすめの施設です。

また、キドキドは室内で体をたくさん動かせるので雨の日も楽しめます。

この他にも魅力的な育脳玩具・遊具がたくさんあるのでぜひ遊びにでかけてみてください。

nammmy

nammmy

大学で児童学を専攻、新卒で低学年専門教諭として塾に勤務。結婚を機に幼稚園教諭に転職。 今は1児の男の子ママとして育児に奮闘中♪


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード