親と同居?同居しない?夫が跡取りの長男。実家は?

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

先祖代々受け継がれている土地に実家がある場合、実家を離れた後継家族にとってその土地や実家をどうするかは頭を抱える問題になりやすいと言えるのではないでしょうか。

特に長男である場合はいずれ実家に戻ることを条件に一度家を出る、なんていう話もよく聞きます。

 

そこで出てくるのが、実家をどうするのかという「後継者問題」や「同居するかしないか」といったことです。

 

こういった問題は色んな角度から見ていくと考え方の幅が広がり気持ちが楽になります。ぜひ参考にしてみてください。

 

結婚=同居する?しない?選択肢を広げよう

なぜ同居が必要になるのか。それは、実家の土地やお仏壇を守ることが理由のひとつです。

必ずしも結婚と同居がセットになると言い切れませんが、子どもの中で男が一人である場合は自然な流れで「跡取り」と呼ばれるようになるのは事実です。

実際に今でも女子会で「結婚するなら次男が良い」「小姑がいない方が良い」など、男性側の家庭環境を気にする人がいるように、「自分たちだけの生活をしたい」という思いや「親世代と生活する自信がない」などのイメージが根強いと感じます。

 

しかし、結婚をして「即同居」をする必要はないと私は考えています。

結婚をして、子どもがある程度育つ頃までは親世代も元気に暮らしていることがほとんどでしょう。最初は別の住まいで生活をして、親の介護や人生の節目を機に実家に戻るという方法は円満に過ごす選択のひとつになるはず。


ただし、最初に自分たちの考えをしっかりと説明し、定期的に実家に顔を出して両親を安心させるようにしましょう。

 

同居するしないにせよ、お互いが居心地よい判断を

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

同居をして子どもが産まれると、育児を手伝ってもらえるメリットはあるかもしれません。しかし、家事や育児に追われ、さらに同居の親にも気を使い……となると、心の余裕がなくなるのは想像がつきます。

 

私の友人の場合で2つのケースがあります。

同居をしている親から「孫をお風呂に入れておくからゆっくりしていて」と言ってもらえる友人と、「母親がお風呂に入れて着替えまでさせるのは当然。」といった態度を取られる友人。

残念ですが、同居の居心地が親の性格や考え方に左右される部分は大きいです。

 

我が家も新婚当初、「アパートを探さなくても家の部屋が空いているよ」と言ってもらいましたが、まだ結婚をしていない夫の兄との兼ね合いや、現役で働いている親世代の家事の負担を私が上手にこなすことは難しいと判断してお断りすることにしました。

それでも特別嫌な顔はされずに、たまの週末に遊びに行って仲良くしていますよ。

 

同居するしないに関わらず考えておきたいこと

我が家の夫は次男で、家も購入済みなのでこの先実家を継ぐという可能性は極めて低いです。

ただ、自分の親の世代の同居問題についての経験談を聞いていましたし、自分の息子が大人になったらどうするのかということは考えることがあります。

 

私は地方に住んでいますので、周りには同居をしている方が多いです。

とは言え、例えば親が二世帯で暮らせるサイズに家を建て直したけれど、しばらくは賃貸で過ごすという家庭がなんと2家族いますし、今はある程度同居に対してゆったりとした感覚を持つことが多いと感じます。


とにかく同居をする可能性があってもなくても、置かれた状況を見ながら良い判断をしていくのが一番。あまり固く考えずに選択肢を増やしてみてはどうでしょうか。

 

ファミリーマネジメントのポイント

・同居の必要を感じた時まで別に暮らす選択も

・お互いに居心地が良い同居を目指そう

・親世代が思うより今の世代は同居にゆったり

 

同居するしないに悩んでいるあなたへ

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

いかがでしたでしょうか。結婚を考えると同時に明確になる夫の実家の後継者問題は、これからどのようなスタイルで暮らしていくかを左右する課題になり、悩んでしまう気持ちはよく分かります。

しかし、果たして結婚と同居するしないをすぐに結びつけるほど焦る問題ではないケースもあるはずで、親世代もまだ働いているのであれば、程よい距離感を取って今後同居する時期を探っていった方がお互いゆとりのある生活ができると感じます。

そして何より、同居問題については経験者に聞くことが一番。同居に関しての知識を増やし、より良い判断ができるように選択肢を増やしていくことをおすすめします。

ひまわり

ひまわり

夫(30代)妻(30代)息子(3才)娘(1才) 比較的協力的な会社員夫と専業主婦の妻、幼稚園の年少さんの息子と自宅を満喫している娘の4人家族。性格が正反対の兄妹の子育てに奮闘中。

「人間関係」のその他の記事はこちら

【パパ育休推進部】父親も育休を取りたい!やってみたボクの育休記録②

約1ヵ月前の育休終了とともにメモとして残した家事育児を中心とした毎日の過ごし方(記録)の続きです。仕事に復帰してどう生活スケジュールが変わったかを書いてみる事にします。

【娘の反抗期】夜9時過ぎても友達と遊ぶ娘、受験期に変化が

娘は中学から電車登校をしていました。毎日駅を通り放課後に友達と遊んで帰るように。反抗期真っ只中、母親の私が寄り道をしないで帰るように伝えてもひたすら無視します。そんな彼女が反抗をやめたのは周りの友達が受験に向かっていったからでした。

【娘の反抗期】長い反抗期の後、単身で暮らす現在の親子関係は

反抗期、ストレート過ぎる子供の主張に母親は混乱します。友達宅への外泊が続き意思疎通ができなくなってしまった娘と私。でも大学生になった今、娘は一人暮らしをし、電話やラインでよくやり取りをしています。そこに至るまでの長かった反抗期とは……。

生意気な言葉や態度は反抗期?反抗期の中学生の本心とは

生意気な言葉や態度を「反抗期」その一言で片付けてしまっていいのでしょうか? イジメがきっかけで不登校となり、夫の急死で心が折れた中学生の息子は「反抗期」を隠れみのにして自分の弱さや苛立ちを必死で隠していました。反抗期の中学生の本心とは。

苦手なママ友に悪口を言いふらされた!私がとった対策は……

あなたは「苦手なママ友」と、「近所だから、子供のために」と無理して付き合っていませんか? 私がかつて親しくしていたママ友。当初頼りがいのある先輩ママだと思ったのに、最終的には私の悪口を言いふらすように! 私のとった対策とは……。


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード