格安スマホ比較。乗り換えとWiMAXで通信料が半額の節約!

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

スマホの料金が高くて、通信費が家計を圧迫するという話はよく聞くもの。

そんななか最近は「格安スマホ」と言われる、大手キャリアから回線を借りて利用者に提供するサービスも随分増えて知名度も上がってきました。

 

私は学生時代からドコモを使っていて、結婚後の月のスマホ代は7,000円から8,000円。独身時代は10,000円を余裕で超えていました。

 

みんな同じくらい支払っているとはいえ、子育て中の主婦には結構な出費であるのは事実。どうにか半分に抑えればオムツがいくつも買える……。なんて思いますよね。


そこで、私が格安スマホとWiMAXを併用して通信費を大幅カットすることに成功した方法をお伝えしていきます。

 

乗り換えたら料金はどうなる?大手キャリアと格安スマホを比較

乗り換えというと慎重になり、どの程度差があるのかを知りたくなるはず。

そこでどの程度料金をおさえられるか比較していきます。

  通話料金(カケホーダイ) 端末代金(Xperia XZ1) データ(2GBの場合)
docomo 1,700(ライト)~2,700円/月 1,512円/月
(3,591円-月々サポート2,079円)
3,500円/2GB
(データSパック)
au 2,700円/月 1,890円/月
(×24回=45,360円)
3,500円/2GB
(データ定額)
Softbank 1,700(ライト)~2,700円/月 1,880円/月
(3,880円-月月割2,000円)
3,500円/2GB
(データ定額ミニ)
格安スマホ
(イオンモバイル)
850円/月 
10分以内・回数無制限
本体42,984円(XperiaJ1compact) 1,380円/2GB
(音声通話含む)

※プラン内容によって端末・月額料金の値引きなどがある場合がありますので、目安としてご覧ください。

 

データ容量(ギガ数)を2GBで比較してみると、料金の違いが明確になり断然お得という結果が出ました! 

しかし、SNSやネットを頻繁に見る方は1カ月に2GBでは足りないと感じるはず。

 

そこで我が家はスマホを格安スマホに乗り換え、格安スマホではギガ数を3GBで契約して、新しく「WiMAX」を取り入れることにしました。

 

WiMAXを取り入れるメリットとしては、スマホ2台とパソコンを同時につなぐことができ、スマホのギガ数を補って料金の面でもお得になるというところです。

WiMAXという名前、聞いたことはあるけど良く知らないという人もいるかも知れません。

そこで次に我が家のケースをご紹介していきます。

 

 

ネットを快適に使いたい!乗り換え前と比較。

 

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

私がドコモでスマホを契約していた時は、私が3GB、夫は2GBで契約していました。

それに加えて通話プランの「カケホーダイ」を合わせると月々の料金が高くなり、普段ほとんど通話をしないということもあってカケホーダイの料金がもったいなく感じていました。

また、1カ月2GBや3GBでは月の中旬頃には速度制限がかかり、全く快適ではなくなりストレスにもなりました。

 

そこで、パソコンの買い替えを機に「WiMAX」を取り入れることにしたのです。

WiMAXとは持ち運びができる「ポケットWi-Fi」のことで、メインで利用する場所に電波が届くのであれば月に3,000円から4,000円台でネットを容量無制限で使うことができます。

スマホはWiMAXから電波を送受信してインターネットなどのデータ通信を行うことができるのです。

  以前 現在
docomo夫 2GB 2GB/WiMAXで無制限
docomo妻 3GB 2GB/WiMAXで無制限

 

WiMAXを取り入れると、スマホをWiMAXにつないでいる限りはギガ数も無制限になって動画もサクサク見ることができます。

また、格安スマホでは「カケホーダイプラン」を適用していませんが、夫や友人に電話をしたい時はラインの無料通話ができます。

通常の通話をするのは幼稚園やお店など、固定回線のみ。長電話をすることもないので、「カケホーダイ」の基本料金を払うよりも通話した分の料金を払う方が断然お得です。

 

ただし、仕事で自分のスマホをよく使うという方や、無料通話を利用できない相手と長電話をすることが多い場合は、カケホーダイを取り扱っている格安スマホを探した方が良いです。

 

格安スマホに乗り換えてWiMAXを組み合わせるとどれだけお得なのか

スマホを格安スマホに乗り換え、WiMAXを組み合わせて利用すると料金はどうなるのでしょうか?

分かりやすいように我が家の場合の通信費の比較をしていきます。

 

ドコモを夫婦2台利用していた時は、合計15,000円から16,000円ほど。

今では格安スマホで夫婦ともに2GBの契約をしていますが、月々1,700円~2,000円の間です。(通話をした時は2,000円に近くなるという程度。)

そのため、高く見積もっても、我が家が契約している「DMMモバイル」の場合だと、2,000円/月×2台=4,000円、WiMAX4,300円/月で、我が家の通信費は月に8,300円となります。

 

よく考えてみると、以前のおよそ半分の料金で「格安スマホ2台分」、「WiMAX」を使うことができています。

 

WiMAXを持っておけば、スマホ2台+パソコン・ゲームなどを同時につなぐことができますし、高い金額を取られていても速度制限がかかり使い物にならなかった以前のネット環境のストレスを考えると、今のネット環境にとても満足しています。

 

半額も節約できるとオムツはもちろん、子どもの洋服も買うことができる計算になります。

 

ファミリーマネジメントのポイント

・本当にカケホーダイが必要なのかを考えよう

・WiMAXでスマホのギガ数を無制限にすることができる

・通信費の削減は大きな額の節約につながることが多い

 

スマホ代をおさえたいけれど一歩踏み出すことができないあなたへ

 

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

いかがでしたでしょうか。

スマホには詳しくないから大手の方が安心と考える方は多いですが、我が家のように半額も減らせるなど、大幅な節約ができるというケースがあると分かれば行動に移したくなりませんか?

ある程度の疑問はネットで解決することがほとんどなので、特別な知識がなくても大丈夫です。

ただし、端末をよく破損してしまう方は、「端末補償」のオプションがあるところで契約をするなど、慎重に選ぶことが大切です。

格安スマホもWiMAXもネットからの契約が可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

ひまわり

ひまわり

夫(30代)妻(30代)息子(3才)娘(1才) 比較的協力的な会社員夫と専業主婦の妻、幼稚園の年少さんの息子と自宅を満喫している娘の4人家族。性格が正反対の兄妹の子育てに奮闘中。

「マネー」のその他の記事はこちら

評判の懸賞のつぼに登録してみた

家事の合間などのスキマ時間にネットから応募ができる懸賞はたくさんあります。どうやって懸賞の評判などの情報を得たらよいのでしょうか。私が最近登録した「懸賞のつぼ」は毎日新着の懸賞情報が更新されており、こまめに届くメールマガジンが評判です。

新電力「ENEOSでんき」で電気料金削減!

新電力導入から1年半余りが経過。事業者は400社以上あり、料金が安くなる会社を選ぶことも、エコなエネルギーを生産する会社を選ぶことも自由です。4人家族のわが家が新電力を比較し「ENEOSでんき」にして1年、電気料金を削減、電気代が割安に!

格安スマホ比較。乗り換えとWiMAXで通信料が半額の節約!

「格安スマホ」が登場し知名度も上がってきています。大手キャリアと格安スマホを比較。格安スマホへの乗り換えとWiMAXの併用で、夫婦2人分の通信費を大幅カットし半額も節約することに成功した我が家の場合をお伝えします。

共働き夫婦家計「夫婦の財布が別」メリットデメリット

「収入も貯蓄も多い」というイメージの共働き夫婦の家計。しかし20代から共働きだった我が家は家計は苦しく、教育費に慌てています。経験を基にした「夫婦の財布が別」のメリット、デメリットまとめ。20代、30代でどうすればよかったの?

株初心者主婦の目的は、節約より定期預金より株主優待!

節約より株主優待目的で株運用。金融知識に自信がなくて株がわからない主婦の私にも始められました。株主優待で節約より定期預金より家計にプラスになった私の経験談です。


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード