catch-img

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

※画像はイメージです 出典元:https://snapmart.jp/

電車が好きな男の子、多いですね。

もうすぐ4歳になる我が家の長男も、電車が大好きです。家には、プラレールなどのおもちゃがずらり。DVDも電車や新幹線関連のものがどんどん増えています。

せっかく興味を持ったことなので、おもちゃやテレビだけではもったいない。そう思っているあなたにお勧めの遊びやアイデアを紹介します。

 

<電車遊びアイデア1>描いてみよう、作ってみよう

絵が描ける年齢なら、どんどん描いてもらいましょう。

うちの長男は、線路は線で表現します。また、×と棒線を組み合わせれば踏み切りに、○から線が1本生えたら電車になります。

さらに、電車を描き並べて「すれ違い」や「一緒に走ってる」ことを表現します。

3歳になった頃からは電車と電車を線で結んで「連結」など、表現に成長が感じ取れるのは楽しいものです。

私は元々電車には興味がなかったのですが、小さい子供の目を通して見る電車や線路は新鮮で、面白いです。
 

また、自分でおもちゃを作ってもらうのもお勧めです。

材料は、ティッシュやお菓子の空き箱。色を塗ったり、セロハンテープで繋げたりするだけならお金もかかりません。大人から見たら不恰好でも、本人が納得していれば大丈夫です。

ティッシュの取り出し口に人形を乗せて得意げに遊んでいる長男を見て、自分で作ったおもちゃで遊ぶことは、自信をつけることにも繋がるのだなと感じました。

 

<電車遊びアイデア2>見立てで広がる遊びの空間

 

保育園や幼稚園の通園や、お出かけの時には見立て遊びがお勧めです。

電車を使わなくても、自転車も車も全て電車に見立ててみましょう

 

我が家では、出発する時にこぶしを振り上げて「出発進行!」と合図をすれば、見立て遊びが始まります。

道中は他の車や自転車を見かけるたびに「○○電車がいる!」と盛り上がります。信号などで止まるところは駅に、橋は鉄橋になって「ガタンゴトン」、目的地は終点の駅に変身します。毎日通る同じ道にも楽しみができますし、長時間のドライブでも飽きずに過ごせます。

<電車遊びアイデア3>好奇心を刺激するのは「本物」

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

 

子供の好奇心を育てたいという方にお勧めなのが、本物と触れる機会を作ることです。

うちの場合、保育園の近くに踏切があったため、まず通勤電車や踏切が好きになりました。その後テレビなどを通して新幹線も好きになっていきました。

 

新幹線の実物というとハードルが高いイメージがありますが、JRの新幹線の停車駅に行く機会があれば、簡単に見ることが出来ます

必要なのは新幹線ホームの入場券だけ。基本的に在来線の初乗り料金と同じ金額なので、大人でも200円もかかりません。注意すべき点としては、新幹線の車内には入れないことと、発券から2時間という有効時間があることです。

 

私は長男を連れて大宮駅の新幹線ホームに行ったことがあります。

大宮駅にはほとんど回送電車だけが通るホームがあり、長男は興奮して「連結!連結!」などと叫んだりしていましたが、他の方の迷惑にならず、安全に過ごせました。

 

幼児と遊ぶポイント

・子供の視点を通して親も楽しむ

・「見立て」で遊びの空間を広げる

・本物に触れて興味を刺激する

 

幼少期ならではの体験を

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

電車好きの子は大勢いますが、成長につれて好きだったのが薄れていってしまうことも多いそうです。それだけに、今、子供が興味を持って思いっきり楽しんでいることを、親も楽しみながら一緒に思い出を作っていけたらいいなと思い、子供との日々を過ごしています。

電車なら写真を撮って、後から振り返るのにもピッタリですから、将来大きくなった我が子と見返してみるのも楽しみにしています。

この記事が皆さんの遊びのヒントになれば幸いです。

あき

あき

夫(30代←私)妻(30代)長男(3歳) 付き合いの長い夫婦。深夜から早朝の仕事が多いため、子供より早く寝てしまうことも。目標は妻と半々に育児を分担すること。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード