新電力「ENEOSでんき」で電気料金削減!

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

2016年4月から、小売り電力の自由化がスタート。

 

これまでは「東京電力」や「中国電力」などの地域電力会社が地域独占していましたが、いわゆる「新電力」を扱う事業者が登場し今では消費者が好きな電力会社から買うことができるようになりました。

 

新電力導入から1年半余りが経過しましたが、まだ迷っているという方もいるのではないでしょうか。

 

同じ電力を使うなら、低価格で収めたいものですね。新電力を比較検討し導入した、わが家のことをご紹介します。

 

新電力とは?電力小売り自由化について

「新電力」とは、従来の地域電力会社との区別をつけるために付けられた名称で、正式には「特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier)」といいます。

 

いわゆる小売り自由部門の新規参入者を差しますが、名称がわかりにくいということで、経済産業省が「新電力」と変更しました。新規参入の電力会社を「新電力会社」と定義しています。

 

2016年3月まで、従来の地域電力会社は、安定した供給の義務を担うために、地域独占を許されていました。地域電力会社の業績不振などの影響は、「電力の値上げ」という形で消費者が負担せざるを得ませんでした。

 

しかしこれからは、新電力を選ぶことができます。

料金が安くなる会社を選ぶことも、エコなエネルギーを生産する会社を選ぶことも自由です。

 

新電力をどう選ぶ?わが家の電気利用状況

 

500社以上もあると言われている新電力会社。何を基準に、どう選びますか?

 

新電力会社で多いのは、ガス会社、石油会社、通信関係の会社です。ほかにも様々な業界の会社が参入しており、料金面だけでなく独自のサービスを提供しています。

 

小売事業者との契約や提案、取次の代行をしてくれる「新電力契約代理店」も増えているので、利用してみるのもいいですね。

 

わが家は、同じ契約をしている家庭の平均から見ても電気料金は高めで、一番使用量の多い2月は2万円を超えていました。

 

宵っ張りのわが家。夫、息子、私がそれぞれ別の部屋で深夜までパソコンや冷暖房を使っているので電気料金がかさみます。

 

使い過ぎている電気の料金を抑えたい! わりと早い時期に新電力会社を比較検討し、導入しました。

 

わが家の電気料金シュミレーション。新電力導入後は?

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

2016年2月に新聞で電力自由化を知り、「従来の東京電力から新電力に乗り換えても安定度は変わらない」ということがわかったので、新電力を導入することにしました。

 

そこで、新電力会社のホームページから、電気料金をシュミレーション。いくつかの新電力会社を比較して、一番料金が安かった「ENEOSでんき」に決定しました。

 

使用量が多くなれば多くなるほど割引率が高くなる、というENEOSでんきのプランは、電気使用量の多いわが家にはぴったりです。

 

一番使用量の多い2月で、東京電力とENEOSでんきの差額は2400円。通常の月でも1000円前後安くなり、過去1年で15000円余りもの差が出ました。

 

ENEOSでんきの選べるサービスには、「ガソリン代が安くなる」「クレジット払いでポイントが貯まる」「Tポイントが付く」などがあり、クレジット払いを選んでいます。

 

特色あるサービスでメリットがたくさん。逆に高くなるケースも

多くの業種が新電力に参入しているので、特色を生かしたユニークなサービスがたくさんあります。地域電力会社にはなかったサービスを受けられる、というメリットがあります。

 

デメリットは特に感じることはないのですが、強いて言えば、契約の変更がしにくい点です。

 

わが家が契約しているプランは2年契約なので、ほかの新電力会社に乗り換えたいと思っても2年未満だと違約金がかかってしまいます。


かえって高くなるというケースも少なからずあり、気をつけなくてはならないのは「ひとり暮らし世帯」と「オール電化世帯」です。よく試算したうえで乗り換えるようにしましょう。

 

新電力を家庭に導入する際のポイントは?

・これまでの電気料金を見直し、いくつかの新電力会社でシュミレーションする

・生活スタイルに合ったプランやサービスを選ぶ

・ひとり暮らし世帯、オール電化世帯は、逆に高くなることもあるので注意

 

満足度の高い新電力。ユニークなサービスも

 

※画像はイメージです 出典元:https://www.photo-ac.com/

「従来の地域電力から新電力に、本当に切り替えて大丈夫だろうか?」と不安に思う方もいるかもしれません。

 

新電力導入から一年半余りが経過し、「新電力に切り替えた世帯の80%以上が満足している※」との統計があります。その主な理由は「電気料金が安くなった」「サービスがあってうれしい」というものでした。

 

スーパーと契約してお買い物ポイントが付く、携帯会社と契約すると携帯電話の料金とのセット割でお得になる、地産地消でふるさと支援、などのユニークなプランもあります。

 

電気料金が安くなるだけでなく、様々なサービスを受けられるという魅力がある新電力。ぜひご家庭の生活スタイルに合った新電力会社のプランを見つけてくださいね。

 

 

※統計の参照サイト

エネチェンジ

https://enechange.jp/articles/experience-matome-03

kotori

kotori

夫(40代)妻(40代←私)息子(16歳、9歳) 会社員の夫と主婦ライターの妻、高専2年生と小学3年生の二人の息子の4人家族で、おしゃべりなセキセイインコとにぎやかに暮らしています。

「マネー」のその他の記事はこちら

評判の懸賞のつぼに登録してみた

家事の合間などのスキマ時間にネットから応募ができる懸賞はたくさんあります。どうやって懸賞の評判などの情報を得たらよいのでしょうか。私が最近登録した「懸賞のつぼ」は毎日新着の懸賞情報が更新されており、こまめに届くメールマガジンが評判です。

新電力「ENEOSでんき」で電気料金削減!

新電力導入から1年半余りが経過。事業者は400社以上あり、料金が安くなる会社を選ぶことも、エコなエネルギーを生産する会社を選ぶことも自由です。4人家族のわが家が新電力を比較し「ENEOSでんき」にして1年、電気料金を削減、電気代が割安に!

格安スマホ比較。乗り換えとWiMAXで通信料が半額の節約!

「格安スマホ」が登場し知名度も上がってきています。大手キャリアと格安スマホを比較。格安スマホへの乗り換えとWiMAXの併用で、夫婦2人分の通信費を大幅カットし半額も節約することに成功した我が家の場合をお伝えします。

共働き夫婦家計「夫婦の財布が別」メリットデメリット

「収入も貯蓄も多い」というイメージの共働き夫婦の家計。しかし20代から共働きだった我が家は家計は苦しく、教育費に慌てています。経験を基にした「夫婦の財布が別」のメリット、デメリットまとめ。20代、30代でどうすればよかったの?

株初心者主婦の目的は、節約より定期預金より株主優待!

節約より株主優待目的で株運用。金融知識に自信がなくて株がわからない主婦の私にも始められました。株主優待で節約より定期預金より家計にプラスになった私の経験談です。


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード