【娘の反抗期】長い反抗期の後、単身で暮らす現在の親子関係は

※画像はイメージです 出典元:https://snapmart.jp/

娘と母親は一番近い存在です。ある時期を越えると、その関係にズレが生じます。それは娘が主張するようになるからです。それが反抗期です。そのストレート過ぎる子供の主張は母親を混乱させるようになります。

少しでもいい方向へと思って頑張っている人に読んでもらえたら、と思います。

反抗期のきざし

長女は中学受験組です。13歳の時から1時間半かかる遠い中学に入学しました。

意思の疎通はなく、友達と帰りに遊び、へとへとになって帰ってくれば、もうそれで一日が終わります。学校に通うのが大変だから疲れて、イライラしているのだと思っていました。

帰ったら、ぐったりしてご飯を食べて寝る、そういう日々が続いていきました。そしてやってきた反抗期のきざしです。

女の子なら、やはりかわいい洋服が着たいものです。長女の学校は私服です。友達に教わったブランドの服が着たいと言います。買わなければ、買うまで泣き叫びます。そして結局買うということになっていきました。

 

最悪の日々がはじまる

 

※画像はイメージです 出典元:https://snapmart.jp/

ここからは、お決まりのコースです。ひたすら遊ぶ日々が始まります。

定期試験も、私には告げず、いつだったのかわからないほどでした。

そして次は、友達宅への外泊です。連絡はつくものの、頻度が多すぎ、母親の私がそれを指摘しても聞かない、そんな日々でした。

そこに意思の疎通はありません。こころが通わなくなるにつれ親子関係の悩みも深まります。

一方娘は、何も考えていません。だから平気な顔で帰ってきます。家に帰ってきてもかみ合いません。不自然な関係になって行きました。

その頃のことについて私が後悔しているのは、勉強が大事だとわからせることができなかったことです。面談が毎学期あり学校に呼び出され、ひたすら頭を下げていました。

 

遠くに見える光を目指して……

長女には友達と学校がなにより大事でした。ですからどうしても友達と離れたくない気持ちしかありません。それが一番の光になったのです。

補習を受けたりレポートを提出してなんとか大学への道ができました。

やっと内定にこぎ着けた時に彼女が変わりはじめました。

性格が穏やかになり、普通に会話し意志の疎通ができるようになりました。

長女は、現在単身で暮らしています。そのことも親子関係にいいように運びました。

なぜなら全てのことを自分一人でやらなくてはならないからです。

結果的に、今まで親が何でもしてくれていた日頃の生活の「大変さ」がわかったようです。

電話もラインもよく来るようになりました。

 

ファミリーマネジメントのポイント

・日常の最低限すべきことをしてあげる。

・娘の土俵にあがらない

・娘の帰る所にいるだけでいい。

 

「世話をしてもらうだけ」という娘の立場にはいつか終わりが来るもの

 

※画像はイメージです 出典元:https://snapmart.jp/

全く反発しない子供もどこか不自然です。反抗してくるのは、母親との成長ごとの意志の疎通が上手くできないからです。

結局本人が時間をかけて成長するしかないのです。

辛いのはその反抗期の時間の長さです。その間、親は自分にとって有意義になることを見つけてみる。違う興味の対象を持つことで相手に思いつめない母親になれます。

娘は次第に大人になります。

時間とともに変化し、意思の疎通ができるようになるでしょう。

こよみ

こよみ

夫(40代)・妻(40代←私)・娘(19歳と17歳)、会社員の夫と主婦の私、私立大学と私立高校に通う娘の4人家族。

「人間関係」のその他の記事はこちら

【パパ育休推進部】父親も育休を取りたい!やってみたボクの育休記録②

約1ヵ月前の育休終了とともにメモとして残した家事育児を中心とした毎日の過ごし方(記録)の続きです。仕事に復帰してどう生活スケジュールが変わったかを書いてみる事にします。

【娘の反抗期】夜9時過ぎても友達と遊ぶ娘、受験期に変化が

娘は中学から電車登校をしていました。毎日駅を通り放課後に友達と遊んで帰るように。反抗期真っ只中、母親の私が寄り道をしないで帰るように伝えてもひたすら無視します。そんな彼女が反抗をやめたのは周りの友達が受験に向かっていったからでした。

【娘の反抗期】長い反抗期の後、単身で暮らす現在の親子関係は

反抗期、ストレート過ぎる子供の主張に母親は混乱します。友達宅への外泊が続き意思疎通ができなくなってしまった娘と私。でも大学生になった今、娘は一人暮らしをし、電話やラインでよくやり取りをしています。そこに至るまでの長かった反抗期とは……。

生意気な言葉や態度は反抗期?反抗期の中学生の本心とは

生意気な言葉や態度を「反抗期」その一言で片付けてしまっていいのでしょうか? イジメがきっかけで不登校となり、夫の急死で心が折れた中学生の息子は「反抗期」を隠れみのにして自分の弱さや苛立ちを必死で隠していました。反抗期の中学生の本心とは。

苦手なママ友に悪口を言いふらされた!私がとった対策は……

あなたは「苦手なママ友」と、「近所だから、子供のために」と無理して付き合っていませんか? 私がかつて親しくしていたママ友。当初頼りがいのある先輩ママだと思ったのに、最終的には私の悪口を言いふらすように! 私のとった対策とは……。


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード