catch-img

ママ友関係が疲れる、ストレス…割り切ったお付き合いを

ママ友関係がストレスの方、割り切ったお付き合いがオススメです

子供を持つと、避けては通れないママ友問題。大きなママ友トラブルに巻き込まれてはいなくても、ママ友関係で悩みがある、疲れる、ストレスだという人は大勢いるのではないでしょうか。

 

子育ては1人ではできません。孤独な育児はお母さんにとっても子供にとってもよくありません。母親同士、分かり合え励まし合えるママ仲間がいれば心強いですよね。ただし、「子供が同年代」という共通項だけで知り合うママ友には、当然いろんなタイプの人がいて、合う人もいれば合わない人もいるでしょう。普通の人間関係だったら、相性の合わない人とは無理して付き合わなければ良いだけの話なのですが、子供のことを考えると合わないママ友と疎遠になるわけにもいかない・・・という悩みが常につきまとうのがママ友関係のややこしい点です。

 

ですが、親が子供の友達関係に介入するのはほんのわずかな期間です。このわずかな期間が過ぎれば、子供は自分1人で自分の人間関係を築き始めます。むしろ、子供が小さいうちの今だけと割り切って、いろんなママ友に出会えることを前向きに捉えてみてはどうでしょうか。

 

【私の場合】怒らない育児や徹底した食育など、育児方針の違い

育児サークルや幼稚園の送り迎え、団地や社宅のつながりで、同年代のお子さんを持ったママと友達になることはよくあります。子供達はあっという間に仲良くなり楽しそうに遊び始めますが、ママ友同士で意気投合する!というケースは珍しいと思います。1人のママ友は旅行やコスメ、ブランドの話に興味がありそんな話題ばかり。別のママは節約メニューやお金の心配の話ばかり。別のママは自分の仕事の話を誇らしく話していて、別のママはワイドショーばかり見ているので芸能人の話ばかり、なんてことがありませんか?全然話がかみ合わないのです。

 

それでも、話がかみ合わない程度なら子供が楽しそうにしているから仕方ないかと、我慢もできるのですが、育児方針や育児の考え方が違うママ友と付き合うのは特に大変です。「叱らない育児」を実践しているとかで、子供のわがままもイタズラも全部放置のママ友もいれば、「厳しく育てる」と、子供を怒鳴りつけビシビシ叩いているママ友もいます。

 

食育に超厳しいママ友がいると、子供に出すおやつに気を使わなければならなかったり、大勢で集まるときに「マクドナルド行こうー!」というわけにもいかず、子連れで集まれる場所は限られますから、困ってしまうことも。

 

こういう育児方針や理念の異なるママとの付き合いには、気を使うので疲れます。そのママの子供に対してもどう接して良いのかも(悪いことをしたら怒っていいのか、うちの子が食べているお菓子をあげても良いのか、など)分からないので、付き合いを続けるのが大変だなと感じます。

 

ママ友トラブルに巻き込まれた経験がある人、約4割!

子育て中のママを対象に、ワーママサイト「BRAVA(ブラーバ)」の記事より:

 

「ママ友とトラブルになったことがあるか?」

「ある」 2,376票

「ない」 3175票

「わからない・どちらとも言えない」 858票 

(回答者 6,409人)

 

という回答結果が出たそうです。約40%の人が、ママ友関係のトラブルに巻き込まれたことがあるという結果です。これは結構、大きい数字ではないでしょうか。

 

参照:BRAVA(ブラーバ)「6,409人が回答】壮絶!?約4割がママ友とトラブルに発展 ! その内容とは?」

http://brava-mama.jp/2016021280706/

 

ママ友トラブル、警察沙汰も

 

 

ネットで「ママ友 トラブル」で検索をかけてみると、出てくる出てくる、次から次へと、信じられないようなママ友トラブルエピソードが出てきます。

 

最初はママ友同士のちょっとした喧嘩だったり、ママ友グループでの陰口など些細なことがエスカレートしていくようです。子供同士のトラブルから親同士のトラブルに発展してしまうことも。重大な問題に発展しまったケースには、ママ友グループからの壮絶ないじめに遭い、引越しをしたというものがありました。また、家に遊びにきていたママ友が家のものを盗んでいたことが発覚し、警察沙汰になったなんていう話も!

 

こじれると、とことんこじれてしまうママ友関係。そもそも、自分の意思で知り合って仲良くしているというより、子供関係での仕方ない付き合いなので、色々なトラブルが起こってしまうのは避けようのないことなのかもしれません。

 

【ママ友トラブル】

参照:Yahoo!知恵袋より

「ママ友トラブルに巻き込まれてしまいました。」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10175464845?__ysp=44Oe44Oe5Y%2BL

「ママ友の対応にモヤモヤします。」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170783505?__ysp=44Oe44Oe5Y%2BLIOODiOODqeODluODqw%3D%3D

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170783505?__ysp=44Oe44Oe5Y%2BLIOODiOODqeODluODqw%3D%3D

「ママ友トラブルについて。」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170059575?__ysp=44Oe44Oe5Y%2BLIOODiOODqeODluODqw%3D%3D

 

【ポイント】無理して付き合わない主義を貫く!

 

私の周囲にも、様々なタイプのママ友がいましたし、今も仲良くしているママ友がいます。私の場合は子供のためとは言え、疲れてしまう無理な付き合いは一切しないことにしています。合わないママがいたら、距離を置きます。それで自分が少し仲間はずれになってしまうことがあるかもしれませんが、それはそれでいいやと思っています。そのママ友との関係が全てではないし、他にも友達がいますからね。

私が仲間はずれになることで子供も仲間はずれになってしまうのでは・・・と心配してママ友関係を無理に続ける人もいますが、子供のことはそれほど心配しなくて大丈夫です。子供は幼稚園や保育園で好きなお友達と遊んでいます。放課後や週末は、お友達との時間を無理に作らなくても家族の楽しい時間があれば十分です。

 

子育てをしていると、今この一瞬が全てのように感じてしまうことがあるのですが、実は人生の中のとても短い一瞬です。クラス替えがあれば新しい友達ができますし、小学校に入学すればまた新しい友達ができます。習い事を始めればそこでも友達ができます。子供のお友達関係のためにと、親が無理をして疲れてまで頑張る必要はありません。

 

【ポイント】

・子供同士が仲良くても、合わないママ友なら無理して付き合わなくて良し!

・子供は幼稚園や保育園で好きなお友達と十分遊んでいるので、プライベートまで一緒じゃなくても大丈夫

 

 

お悩みの方、前向きに!色んなママ友との出会いを楽しんで!

 

子育てをしていると、ママ友関係を断ち切れないからストレス!という人もいますが、私はむしろ、こんなにいろんな人に出会えるのは子供が小さい今だけだと前向きに考えています。子供がいなければ、こんなに色んな人に出会い、広い世界を見ることはなかったでしょう。自分と違うタイプ、自分と全く考え方の違う人に出会ったら、世の中にはこんな人もいるんだー!と社会勉強になったと捉えるようにしています。

 

子供を介していろんな人に出会える今のうちに、本当に気の合う友達探しもしておこうと考えてみませんか?子育て中の今を利用してたくさんの人と出会い、その中で子育てが終わった後もずっと友達でいられる存在を見つけられたら素敵ですよね。

 

子育てはあっという間です。ママ友問題で悩むのも、今だけ。お付き合いで悩み過ぎず割り切って前向きに、いつも笑顔のママでいられることを願います。

 

にゃあ

にゃあ

夫(40代)妻(30代←私)息子(9歳)娘(4歳)猫(10歳) 外国人の夫と、夫の国でもない私の国でもない第3国で育児中。子どもをマルチリンガルに育てるべく奮闘中です。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード