catch-img

子供の9時就寝は守るべき?時間通りいかずママはイライラ自己嫌悪

子供を9時就寝できずイライラ、自己嫌悪するワーママ

働く母に対する世間のイメージって、どんなものでしょうか?子供を保育園や学童に預けっぱなしで、かわいそう?子供の寝る時間が遅く9時就寝できない?いつも時間に追われていて、夕飯はスーパーのお惣菜ばかり…?

そんな風に思われたくないと、一生懸命仕事と家事や育児を両立させている、頑張り屋のワーママも多いのではないでしょうか。でも「働く母」のマイナスイメージって、自分で作り出した幻なのかもしれませんよ。

私も「今の自分にできること」と「できないこと」をはっきりと区別したら、気持ちが楽になりました。

もっと肩の力を抜いて、毎日を快適に回していくための方法を探ってみませんか?

【私の場合】自己嫌悪「子供を9時までに寝かせられない」

私の子供は現在小学生と中学生になりましたが、もう少し小さい頃は「子供は早寝早起きさせないと!」という常識にものすごく縛られていました。

でも、私の仕事は始業時間が10時からと遅く、退社時間は5時ですが通勤時間に1時間強かかるため、最寄り駅に着くのは6時過ぎ。

それから保育園と学童に子供を迎えに行くと、家に着くのはいつも7時過ぎでした。夫の帰りは私より遅いので、子供のお迎えは週に1回ぐらいしか頼むことができません。

家に入ると、子供が「ママ、あのね…」と今日あったことを話そうとしているのに、「宿題は?時間割は?」と話を遮ってしまったり、子供が疲れて動作が鈍くなっているのに「早くお風呂に入りなさい!後がつまっているんだから!」と急き立ててしまうことが日常茶飯事でした。

そして、そんなに必死で頑張っても、夕飯の開始時間は8時過ぎで、食べ終わるのは9時近く。子供が寝るのは、早い時で9時半、たいていは10時過ぎ。

 

「専業主婦のお子さんなら、7時に夕飯を食べて9時には寝ている子もいるのになー・・・」と、仕事と家庭の両立がうまくできない自分に自己嫌悪でした。

 

【ポイント】定時ではない、規則正しい生活パターンが大事

 

今でも基本的なタイムスケジュールは変わっていませんが、気分はずっと楽になっています。

子供が成長したので、多少就寝時間が遅くてもいいや、と思っているせいもありますが、「仕事して帰ってきてるんだから、ずっと家にいるお母さんと同じラインを目指しても無理!」と割り切ったからです。

 

夕飯が8時からなのに、急いで食べさせて9時に寝かせるのって、どう考えても消化に悪い。食事中の会話もゆっくりできないし、子供にだってリラックスして過ごす時間は必要。

 

仕事と家庭を両立させるためのひとつの手段として、平日の夕飯は休日にまとめて作り置きしておく、というワーママも多いと思いますが、私には無理でした。

その代わりに、週に何回か宅配食材を頼んで、買い物や献立を考える時間を減らし、なるべく夕飯を早く食べ始められるように工夫しました。

また、その頃読んだ本の中で「就寝時刻の早さよりも、毎日なるべく同じ時間に寝起きさせることの方が大切」という一文を見つけ、(これなら私にもできる!)と、生活パターンを整えることの方を目指しました。

 

そのせいかどうか分かりませんが、子供が学校の通信簿で「規則正しい生活習慣がついている」という欄にマルをもらってきた時は、小躍りしたくなるくらいに嬉しかったです。

【ポイント】

・休日の作り置きが難しいなら宅配食材を。買い出しや献立を考える時間が省ける

・就寝時刻の早さではなく、毎日同じ時間に寝起きさせることが大切 

 

【ポイント②】理想の子育てができなくていい、全部はやらない 

「9時就寝」「子供は早寝早起き」以外にも、ママを縛る常識はたくさんあります。

「食事は、添加物の少ない良質な素材を使って、手作りで」とか、「テレビはなるべく見せずに、本の読み聞かせをするのが情緒豊かな子供を育てるコツ」とか。

もちろん、ひとつひとつの事柄は意味のあることなんでしょうが、仕事から帰ってきて時間のないワーママが、これらを全部独りでこなそうと思ったらパンクしてしまいます。

 

手の込んだ料理を作っていたら、夕飯を食べ始める時間は遅くなってしまうし、早めに食べさせたいと思ったら、簡単なメニューになってしまう。

作り置きをしておくためには、休日に食材を買い込んで、料理したり、ホームフリージングしたりしなければならず、自分の自由な時間が削られる。

毎日子供に読み聞かせをしようとしたら、就寝時間が遅くなってしまうし、子供も眠くなって途中で寝てしまう。

 

理想をかなえようと努力することは大切ですが、すべてを両立させることはできないはずです。ですから、これなら今の自分でもできる!とか、これだけは譲れない!というポイントに絞って実践できればいいと思うんです。

【ポイント】

・理想の子育てができなくてもいい、すべてを叶えなくていい

・譲れないポイントを少なく絞って、それだけ出来れば良しとする

 

【ポイント③】「今の自分にできること」を把握して、実践する

では、できるだけ楽な気持ちで仕事と家庭を両立させるためにはどうすればいいのか?具体的に例を挙げて考えてみます。

 

「__に関して、〇〇は無理だけど、△△なら何とかできる!」という視点を持つ      

 

その1)「夕飯に関して、平日は頑張れないけど、休日は頑張れる!」

食事は作り置きしておいた方が気が楽、というママは、休日に頑張る。その代わり、平日の夕食後は少しのんびりして、家族とのだんらんを楽しむ。

 

その2)「手の込んだ料理に関して、平日は無理だけど、土日どっちかだけ頑張れる!」

平日は凝った料理を作る時間はないけど、子供に美味しい料理が食べさせたい、というママは、土日のどちらか1日に手の込んだ料理にチャレンジしてみる。

 

その3)「休日の夕食、一人で作るのは苦痛だけど、家族と一緒なら頑張れる!」

仕事は休みでも、休日の食事作りが苦痛、というママは、一食でもパパに料理を作ってもらったり、子供と一緒に食事を作るなど、食事を「イベント」にしてしまう。

 

食事のことばかり書きましたが、その他の家事や子供の教育などに関しても「これは無理だけど、これなら何とかできる!」という視点で考えていけば、気持ちが楽になると思います。

 

勝手に高い目標を掲げて、それができないから能力がないんだと自分を責めたり、恵まれた境遇のワーママを羨んだりするのは、自分がますます苦しくなるだけです。

【ポイント】

・「これは無理だけど、これなら何とかできる!」という視点で取り組む

・自分の出来なさにストレスを感じるのは、勝手に高い目標を自分で掲げているから

 

仕事、子育て、家事・・・完璧にできないストレスがあるママへ

 

たまに、学童や保育園で「スーパーマザー」みたいなワーママがいます。

正社員でバリバリ働いているのに、食事はいつも手作りで、子供も良い子に育てている。自分のおしゃれにも手を抜かず、パパとも仲良しで、休日はアクティブにレジャーを楽しんでいる…みたいな。

そういう人と自分を比較して、勝手に落ち込むのはやめましょう。

 

子供は、どんなママでも自分のママが一番好きです。

だけど、機嫌がよくて、怒ることの少ないママの方がもっといいはず。

 

「子供を感情で叱らない」なんていうのもまた、ママを縛る常識ではありますが、仕事で疲れていたら、時には子供やパパに優しくできないことがあったり、感情的に接してしまっても仕方ないと思うんです。そんな時は、「ごめん、ママ言いすぎた」って、後から言える素直なママでいたいですよね。

 

世間にとっての「良き母、良き妻」を目指すよりも、どうすれば目の前の家族と楽しく生活できるか?を優先して考えましょう。それが、仕事と家庭を長く両立させるコツだと思います。

 

あつごん

あつごん

夫(40代)妻(40代)長女(14歳)次女(8歳) 結婚した時から夫婦共働き。双方の親の助けは借りずに、夫婦で協力してなんとか乗り切っています。 夫は、当直勤務・土日出勤ありのため、妻は、外勤と在宅ワークの組み合わせで生活をやりくりしています。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード