catch-img

幼稚園保育園の登園前はイライラ爆発!登園拒否など解決ポイント5つ

幼稚園保育園の登園前はイライラ爆発!登園拒否など解決ポイント5つ

 

子供が朝起きてから登園をするまでは時間との勝負である場合が多いのではないでしょうか。私も子供の機嫌をうかがいながら、朝ご飯や着替えをさせ、登園が完了したらホッとする毎日を送っています。

しかし、あることに気を付けるようになってから、朝の登園前の準備がスムースにいくようになりました。

大変なことも多いですが、なるべくイライラせずにスムーズな支度ができる工夫を、お伝えします!

【ポイント①】朝起きたら明るい気持ちに向けてあげる

朝目覚めたらそのタイミング次第で機嫌がすごく悪くなってしまうお子さんも多いと思います。我が家の息子はそのパターンが多く見られたので、改善策を考えました。

時間よりも少しだけ早く起こして「今日は天気がいいよ」「今日も元気に挨拶しようね」など、ちょっとした話をすることです。

まだ眠たくて返事が返ってこないことも多々ありますが、起こすのがギリギリになってしまい、焦って寝室からリビングへ連れて行くと気持ちの切り替えができていないのか、もう大変で、その後の朝ご飯や着替えの時にまで機嫌が悪いのを引きずるということも多くありました。

起こしてきちんと目覚めさせてから移動した方が、圧倒的にその後の準備もスムーズに進むのを実感しています。

ほんの数分のゆったりとした時間で子供の機嫌の悪さと自分のイライラを減らすことができるので、ぜひ試していただきたいです。

 

【ポイント】

・朝の目覚め時に、明るい話をしてあげる

・お布団の場所で、しっかり目覚めさせてから、リビングに移動させる

 

【ポイント②】準備は程よく手伝う

幼稚園で一人でできていることを、自宅では親に頼むという事はよく聞きますよね。例えば幼稚園では一人で着替えができるのに、登園前に限ってできないの一点張りであったり、後ですると言って遊びだしたり。そんな時はちょっと甘えたい気持ちが出ているのか、単純に面倒くさいからだと考えられますが、私は幼稚園で頑張っている自分の微妙で繊細な心のバランスを取っていると考えるようにしています。

イライラする気持ちをおさえて、なるべく子供にしてもらうような言い回しで「幼稚園でしているように見せてみて」と、言うように気を付けています。それでも聞き入れる様子がない場合は、手伝います。

登園前に「はやくして!」と何度も言うのがつらいという方は、着替えをするかしないかのやり取りが永遠に続く訳ではないと思って、あまり考えすぎないようにしてみてください。手伝うことが悪いことではないということを頭に置いておくと少し気持ちが楽になるはずです。

 

【ポイント】

・幼稚園で頑張っている分、お母さんに甘える気持ちを汲み取る

・「幼稚園でしているように見せて」と言う、それでもダメなら手伝う

 

【ポイント③】荷物はひとまとめにする習慣を

 

登園前に「アレがない!」と焦ることはないですか?

いつも準備に手間取ってしまうという方におすすめしたいのが、登園の時に必要な荷物を全てひとまとめにする習慣をつけることです。

私は登園バッグを大き目のボックスに入れ、その日必要なものは前日から全てそのボックスに入れています。子供の帰宅後は洗濯物を出して、またボックスへ戻してもらいます。翌日に持って行くタオルなどが乾いたら、引き出しではなくボックスへ入れていくとその後探す必要がありません。あとは朝から再度バッグの中を確認して完了です。

バスの時は準備ができたらボックスをそのまま玄関に置いておくと荷物を忘れるという事はないですし、送迎をする時はボックスごと車へ運びます。息子が通う幼稚園はバッグを二つ持って行く決まりがあるので、忘れていくことだけはしないように心掛けています。

ボックスを使うと忘れようがないというか、その辺に放置して忘れたことが一度もありません。

 

【ポイント】

・忘れ物防止に、荷物を入れるボックスを用意、ひとまとめにしよう

 【ポイント④】幼稚園をもっと好きになってもらう

実は一番大切なことだと思うのが幼稚園を好きかどうかだと思います。

好きであればもちろん準備もはかどるし、早く行きたい!の気持ちが大きくなります。

例えば降園後、その日にあったことをたくさん話す子供さんもいれば全く話さないお子さんもいます。我が家の息子も全く話さないタイプだったのですが、少しの心配をしつつも、そんなものかな?と思っているうちに、少しづつ話してくれることが増えました。

でも、出来事を話さないというだけで、幼稚園が好きであることはすごく伝わっていたのを思い出します。

全てを一度に求めず、大らかな気持ちで「幼稚園って楽しいよね!」と、お母さんと話すことで幼稚園にもっと前向きに通ってもらえるようになるはずです。その積み重ねが結果的にモチベーションアップにつながって、成長とともに自分で準備を完了いくことにつながると思います。

 

【ポイント】

・幼稚園のことを自分から話してくれなくても大丈夫、気長に待とう

・少しづつ話してくれたら「幼稚園て楽しいね!」で終われる会話を

 

【ポイント⑤】明日のことを話しておこう

 

翌日に対するモチベーションをアップさせるために、園からもらう一週間の予定表でを見て「明日は発表会だね」「明日はお散歩に行くみたいだよ」など、明日園ですることを子供に伝えるようにしています。

小学生になって時間割がみれるようになればその必要はありませんが、幼稚園の場合は自分がすることをまだ分からない場合が多いので、ひとこと言っておくだけでも「楽しみ~」と言ってくれますし、「明日は○○をするんだ」と頭の中にきちんと入っているようです。

明日は何があるのか全く分かっていないよりも、ちょっとだけ分かっていた方が子供にとっても心の準備ができているように思います。子供なりのイメージトレーニングをしていく手助けをしていくことが明日のやる気を引き出し、モチベーションアップにつながっているように感じます。実際に翌朝の登園の時に「○○頑張ってくるー!」と言ってくれることも増えました。

 

【ポイント】

・翌日園で行われるイベントについて話してあげる

 

 

登園がいつもギリギリで、子供に怒ってしまうあなたへ  

 

朝の時間は家事、朝ご飯、子供の準備と本当に大変です。それに加えて共働きの方であれば自分のお化粧や準備もあるので負担は最小限に減らしたいところだと思います。

私は、まず朝一番の子供の様子をきちんと見ること、ぐずぐずになりそうだと感じたら少し話をして頭をすっきりさせるようにしています。また、準備は前日に済ませておくことと、荷物をひとまとめにしておくボックスを活用することで、朝からバタバタすることが減り、家事をしつつ子供の朝ご飯と身支度だけを見守るだけというように朝の準備がとても楽になりました。

「はやく!」と言っていたころは、子供を手伝いながら持ち物を用意していました。「はやく!」と言ってしまう原因を自分が作ってしまっていたことに気付きました。親がチェックすべきところは早めに済ませておき、スムーズな準備をすすめてあげることの大切さを実感しています。

いつも子供の準備が遅くてイライラしてしまう方はできそうなことからぜひ始めてみてください。

 

ひまわり

ひまわり

夫(30代)妻(30代)息子(3才)娘(1才) 比較的協力的な会社員夫と専業主婦の妻、幼稚園の年少さんの息子と自宅を満喫している娘の4人家族。性格が正反対の兄妹の子育てに奮闘中。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード