catch-img

妊娠5ヶ月で困ったこと「手持ちの服が着られない……」

妊娠5ヶ月とは、妊娠16〜19週目のことをいいます。このころから妊娠中期に入り、いわゆる「安定期」となります。

つわりもだんだんおさまってくるころですが、これにはかなりの個人差があります。

妊娠5ヶ月ぐらいからだんだんお腹が大きくなり、見た目も「妊婦さん」らしくなってきます。つわりで苦しいころはまわりから見ると妊婦とは見えないのに、楽になってきたころから妊婦らしくなるんですよね。当時電車通勤していた私は、反対だったらよかったのにと思ったりもしたものです。

ここでは、妊娠5ヶ月に体や生活がどうなるのか私の体験も踏まえ調べてみたので、参考にしてみてくださいね。

つわりからは解放されたけれど…… お腹がだんだん大きくなる!

私は、吐いたり動けなくなったりするほどの重いつわりはなかったのですが、いつも気持ち悪い状態が続いていました。食べ物の好みも変わっていたので、食べられるものをちょこちょこつまんでやりすごしていた感じです。

妊娠5ヶ月ごろからつわりが落ち着くと、食事のほうも生活のほうももとのリズムに戻って普通にすごせるようになりました。

でも、お腹がだんだん出てきて、手持ちの服では対応できなくなってきました。

コーディネートで自分らしい「妊婦さん」ライフ

私は仕事をしていたので、マタニティウエアもワンピースではなく、お腹の部分がリブで伸びやすくなっているパンツタイプのものを選びました。このパンツに、出産後も使えそうなゆったりめのチュニックを合わせていました。このコーディネートは、動きやすく、体も冷えないのでよかったと思っています。

お腹が大きくなってくるにつれて気になったのが妊娠線。「妊娠線は嫌だな」と思って、防止用のクリームを塗っていました。しかし、そんなに熱心にケアしていたわけではないので、出産後にはしっかり妊娠線ができました。防止用のクリームは毎日塗ることで効果を発揮するそうです!現在妊娠中の方は気を付けてみて下さい。

ただ、私自身は無事赤ちゃんが産まれたあとはそんなことは気にならなくなっていたのですが……。

 

妊娠5ヶ月目の体の変化は?

妊娠16週目くらいに胎盤が完成して、赤ちゃんにしっかり血液が送られるようになります。赤ちゃんの器官もそれらしくなってきて、エコー検査でもはっきり見えるように。

ママの体も皮下脂肪がだんだんついてきて、ふっくらしてきます。妊娠5ヶ月のころの1日のエネルギー必要量は、妊娠していないときに比べて約225kcalアップ。これはだいたいごはんお茶碗1杯分に当たります。そう考えると、「赤ちゃんの分も食べなければ」と思って余分にたくさんの食事をとる必要はないんですね。

 

(参考「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」 厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

 

妊娠5ヶ月はじっくり「妊婦さん」ライフを楽しめる時期かも

妊娠後期になると、お腹が大きく重くなってなかなか動きづらくなっていきます。今振り返ると、妊娠5ヶ月からは、妊婦さんとしての喜びも感じながら、食べたいものを食べたり、行きたいところに行けたりするよい時期でした。

お友達とランチをしたり、ダンナさまとゆっくり旅行に行ったり、赤ちゃんが産まれてからは難しいことができるのもこのころです。

妊娠期間はどんどんすぎていきます。無理をしない範囲で、お腹の赤ちゃんと一緒にいろいろなことをエンジョイしてくださいね。

 

hugplus

hugplus

夫(40代)妻(40代)娘(中1)。産業カウンセラー資格保持、アドラー心理学 を学び、子育てに実践しているのんびり母さん。心は少年の夫と共に中学生の娘 が親離れしていくのを心強くもちょっと寂しく思うこのごろです。

「子育て」のその他の記事はこちら

電車遊びが大好き!我が家の電車遊びアイデア紹介

電車遊びが好きな男の子、多いですね。もうすぐ4歳になる長男も、電車遊びが大好き。家にはプラレールなどのおもちゃや電車や新幹線関連のDVDが増えています。我が家のお勧め電車遊びやアイデアを紹介します。

癒し系家電でママに自分時間を♪育児疲れに効く時短家電

家事、育児、仕事に追われがんばっているママさん、毎日お疲れさまです!ご自分をいたわり、メンテナンスしていますか?家族みんなの笑顔は、ママが笑顔であってこそ。自分を癒しながらほかのこともできちゃう、ママが喜ぶ「癒し系時短家電」をご紹介します。

旦那が下の子を可愛がらない?うちはパパ大作戦で改善

「旦那が下の子を可愛がらない……。」下の子を生んだ後、旦那が下の子を可愛がってくれなかった経験があり、「可愛くないのかな?」と思っていました。改善のコツ「パパ大好き作戦」。当時旦那さんが下の子にどう感じていたのかもご紹介します。

認可外保育園のメリットとデメリット【実際の保活経験談】

認可外保育園といっても色々です。認可保育園にはない独自のサービスやきめ細やかな保育を行っている園もあります。認可と認可外、どちらも実際経験した私が感じた認可外保育園のメリットとデメリットについて保活体験談をお伝えしたいと思います。

野菜嫌いの子供・小学生も食べられる、野菜克服簡単レシピ

小学生の年齢になってから急に野菜嫌いになってしまう子供は意外に多いです。体がぐんぐん大きくなる育ち盛りの時期だからこそ野菜をしっかり食べて欲しい。野菜嫌いの小学生たちに楽々野菜を食べさせられる野菜克服簡単レシピをご紹介します!


サイト内検索


カテゴリ



人気記事ランキング


注目キーワード